働く仲間を応援!

フォーシーズが大切にしていること

働く仲間を応援!

「働き方改革」や「ダイバーシティ」なんて今さら!?
社員全員が自分らしく輝ける会社でありたいから、
フォーシーズでは、もうあたり前の環境です。

CASE1 産休・育休からの復帰

2度の育休から
営業部の管理職として職場復帰。

産休・育休からの復帰イメージ

1度目の育休中、復帰することに漠然とした不安を持っていたという松宮。しかし、一緒に働くみんなの優しさや柔軟な姿勢、育児も仕事も応援してくれる環境が背中を押してくれたといいます。
「復帰後、日々みんなの優しさを感じているからこそ、私自身はできる限りのことを精一杯行いたいと思っています。育児と仕事の両立は大変ではありますが、毎日充実しています!」
第2子出産後、2度目の職場復帰の際にも時短勤務を選択した松宮だが、最近通常勤務に切り替えたという。「育児に慣れたこともあり、マネジメントしているスタッフに対して、より丁寧なフォローを行えるのではないかと考えたのがきっかけでした。スタッフの悩みや不安、達成感をきちんと共有することで、みんなが楽しく働ける環境を維持していきたいですね。」

産休・育休からの復帰イメージ

産休・育休からの復帰イメージ

CASE2 ジョブリターン

4年勤めたフォーシーズを
親族のビジネスを継ぐために退職。
しかし、金属加工業界の
変化の波にのまれ、
事業の継続が難しい状況に。

ジョブリターンイメージ

「悩んでいた時に声を掛けてくださったのが、丸山さんでした。フォーシーズは以前いた会社だからこそ、仕事に不安はない。それ以上に、受け入れてもらえるんだと感謝の気持ちの方が大きかったですね。」フォーシーズに戻ってきて、以前よりも一層社員を大事にする社風が色濃くなっているのを感じていると語る柳瀬。
「今は支店の責任者として、周りの仲間と共にフォーシーズを盛り上げていくことが自分の役割だと思っています。自分の経験が少しでも仲間の成長に繋げられれば嬉しいですね。」

ジョブリターンイメージ

ジョブリターンイメージ

CASE3 LGBT 働きやすい環境づくりCASE3 LGBT 働きやすい環境づくり

フォーシーズでは、
LGBTである事をカミングアウトしている
社員も多数います。

LGBT 働きやすい環境づくりイメージ

「カミングアウトする前が働きにくかったという訳では無いんです。ただ、みんなと仲が良いぶん、どこかで嘘をついているような気持ちが自分にありました。カミングアウトしたのは、相談できる上司がいたことが大きいですね。今日も上司や周りの仲間とあたりまえのようにパートナーの話をしている、それが普通なんです。恵まれているってことかな(笑)」

フォーシーズでは社員一人ひとりの個性が尊重される環境があります。年齢、性別(性自認、性指向)、国籍等を理由に、仕事の評価や配属、役職への登用、社内制度の活用が制限されることはありません。
ドレスコードの改定や同性パートナー制度※、相談窓口の設置などの取り組みを進めています。

制度や取り組みはまだまだ十分とはいえませんが、社員の意見を取り入れながら、働きやすい制度、環境づくりを続けていきます。

※同性パートナー制度:社内への届け出により、慶弔見舞金、結婚休暇、産休・育休、子供手当等を活用できる制度です。

CASE4 フォーシーズからの独立、OBが語る4c's

独立し、経営者となった今なお
丸山さんから学びを得ています。

フォーシーズからの独立、OBが語る4c'sイメージ

フォーシーズ所属当時から独立志向を持っていた古野氏。事業の立ち上げから組織を形作る過程まで、丸山のそばでその手腕を間近で実感。独立し、経営者となった今なお、丸山から学びを得ていると語ります。
「今改めて思うのは、丸山社長の人を動かす力、人材のマネジメント力の凄さです。社員ひとり一人に愛情を持って接し、組織が大きくなっても同じ志に向かって進んでいく姿には驚くばかりです。」
業界内でも店舗・オフィス・高級賃貸保証や全員経営の考え方など、独自のノウハウで成長を続けるフォーシーズは、OBとしての立場からだけでなく、企業経営者としての立場からも注目しているという古野氏。
「フォーシーズという会社は、チャレンジする全ての人にチャンスを与えてくれる会社です。若手の方には、ぜひその環境を活かして成長してもらいたいですね。」

フォーシーズからの独立、OBが語る4c'sイメージ

まだまだある!フォーシーズが大切にしていること