カウンセリング部

カウンセリングって
何をするんですか?

佐藤 昴

佐藤

2014年入社

入居者様が困っている時、一緒に解決策を考える縁の下の力持ち。
必要としている人の役に立てる仕事です。

Question

カウンセリング部の仕事を教えてもらえますか?

佐藤

カウンセリング部は「家賃債務保証」の重要な役割を担っています。
保証サービスを契約し、物件に入居された企業様・入居者様がお家賃の支払いを忘れてしまった、支払いが遅れがちになっている。その際に、私たちが連絡をし、生活や支払いサイクルの立て直しに向けたカウンセリングを実施しているのです。難しい対応だからこそ、貸す側のオーナー様に大変好評いただいていますね。
また、裁判などの法的手続きを行う際も、私たちカウンセリング部が面倒の多い書類手続きや状況の説明、ご退去の作業まで全て対応しています。多くのオーナー様が、対応方法が分からずに不安を感じられている部分だからこそ、やるべき価値のある仕事だと思っています。

Question

カウンセリングとは具体的に何をするんですか?

佐藤

そうですね、店舗やオフィスの場合であれば経営者様にお会いして、収益の状況などをヒアリングし、次月の売上予定なども考慮しながら一緒にお支払いのスケジュールを立てていきます。
個人の入居者様には、例えば、お仕事を辞めてしまい、様々な事情によってすぐに次の仕事ができない時。公的手続きにより一時的な生活の立て直しを行うと同時に、悩み相談を受け、就労活動相談のために一緒に役所まで行ったケース等があります。

カウンセリングイメージ

事情も解決策も千差万別。
相手の話に真摯に耳を傾け、まずは信頼関係をつくります。

Question

これまでに印象に残っている解決事例というと、どんなケースがありますか?

佐藤

入居者様から会社宛てに感謝の電話を頂いたケースです。
入居者様は会社員の方でしたが、趣味などを優先して家賃のお支払いを後回しにされていたため、毎月のように家賃が遅れていました。カウンセリングに何度も伺い、「お家賃は期日までにお支払いすべきものです」と、繰り返しお話しをしましたね。今回のケースは経済的な問題というより、考え方や生活習慣を変えて頂く必要があったので、時間をかけて粘り強く対応しました。実は解決までは半年近くかかったのですが、最終的には支払いが遅れなくなりました。
「ここまで状況が改善できるとは正直自分では思っていなかったです。本当にありがとうございました。今後も迷惑かけないように頑張ります!」と、私宛てに連絡があったのは本当に嬉しかったです。大変ではありましたが、やっていて良かったと大きな達成感を得られた経験です。
多くの入居者様と対応していると、初めから心を開いてお話しをして頂ける方ばかりではありません。何度も会ってお話をしているうちに信頼関係ができていく、その過程が面白かったりするんですよね。

家賃パトロールイメージ

仕事は、先輩について現場を経験しながら
ひとつひとつ覚えてきました。

Question

入居企業様・入居者様の状況によって解決策も千差万別ですよね。難しくないですか?

佐藤

やはり簡単ではないです。ただ、様々なケースを想定して事前に準備しているので、今までに実際のケースでそれほど困った経験はないですね。
社内の教育体制が整っていて、1年目のOJT研修から先輩社員に同行し、たくさんの事例を見て学ぶことができます。分からないことは、その都度先輩や上司に相談できるので、一つずつ解決しながら進んでいけます。
他にも、研修中のロールプレイングは思い出深いですね。私が現場で困らないようにと、先輩が何度もロールプレイングにつき合ってくれました。地道な練習の積み重ねが現場の仕事で活きてくる、と日々感じています。

Question

学生さんへメッセージをお願いします。

佐藤

カウンセリング部の仕事は、学生さんにとってイメージしにくい仕事だと思います。ただ、行っていることを簡単に言えば、困っている人の役に立つことです。
誰かの役に立ちたい、喜んでもらいたい、その想いが大切だと思います。
フォーシーズの理念に「人が煩わしいと思う事、やりたくないと思う事を率先して行う」とありますが、それをすることにより、お客様に喜んでもらい、広い意味で社会貢献をしていく。それが私たちの存在意義です。

家賃パトロールイメージ

カウンセリング
一日の流れ

一日の流れイメージ一日の流れイメージ

一日の流れイメージ

Works
4c'sの仕事

営業

家賃パトロール

カスタマーサポートセンター

データセンター